読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の道場

答えのない、問いのまわりをぐるぐると。

不確かな自分

疑問を抱くのはいけないことなのか。

一度か二度、それじゃやってけないよというようなことを言われたことがある。

覚えているってことは、結構傷ついたんだろう。

 

でも自分という不確かな、わけのわからない、最も恐ろしい存在を、

全く疑いもせずに生きていくということ自体、私にとっては不思議だ。

 

異なるものを退けなければならないほど、

私たちは脆くもないし、確かなものでもない。

たかだかその程度で崩れ去るものなど、私たち自身ではない。

変化していく中で、変化しないもの。

それを見極めたい。

変化しないものを見つけるためには、変化しなければならないのかもしれない。

守ってばかりじゃ、何もわからない。

でも一体、何を恐れて、異なるものを退けてしまうのだろう。

変化を?否定されることを?弱さや脆さが露呈することを?

 

生きていくこと自体が問いだし、きっと生きていくこと自体が答えを出していくことなんだろう。

 

 

広告を非表示にする