思考の道場

答えのない、問いのまわりをぐるぐると。

ドイツ ハンブルク

電車を降りると、海の匂いがした。

 

小さな港。帆を張った船がひしめきあっている。

港が目に入った瞬間、心がふっと開いたような気がした。

どれだけ小さくても、海は人の心を開いてくれるみたいだ。

 

日曜日。港沿いのマーケット。

バナナとパイナップルの空き箱が、道端に広がっている。

くわえたばこを燻らせ、荷を下ろす男性。

 

ドイツとは思えない熱気。終了間際の値引き。

 

数えきれない程の海鳥。空と地の間を行き交う。

海鳥は、一目で海鳥だとわかる。なぜだろう。

飛び方が鋭い。そしてかれらは、地を見ている。

 

道を挟んで、レンガ造りの建物が並ぶ。

海を望むように、聳え立つホテル。

 

雲が一目でわかる速さで通り過ぎていく。

さあっとさす光。

海も、船も、レンガ造りの建物も、一瞬で色を取り戻した。

 

 

 

 

広告を非表示にする