読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の道場

答えのない、問いのまわりをぐるぐると。

「間違えない」人生も、「間違った」人生もない。

よく、「後悔しないように今を生きよう」と言う。

 

正しい。過去にくよくよし、未来を思い煩う私はこの言葉に出会うたび、

はっと思い直し、そうだよ今しかないんだ後悔しないように生きよう、というか生きなきゃ、とまで思い直す。

背筋がしゃんとする。

 

でも、ふと思う。

果たして、後悔しない人生なんて、あるのだろうか。

 

生きることは、選択の連続だ。

「あれ」をするか、「これ」をするか。

「これ」をするか、「これ」をしないか。

 

日常の細かい決断から、人生に影響しそうな決断まで、選択しない日はない。

 

そして私たちは、決して知ることができないのだ。

選ばなかった「あれ」という人生を。

 

私たちは、常に「これ」を選んだ人生しか、知ることができない。

私たちが後悔するのは、常に選んだ時点での人生を、過去のものとして未来から振り返るときである。

 

未来がわかって初めて「後悔」という裁判を下す。

「ああ、あの選択は間違っていたのだ」と。

 

でも、どうあがいたって選ばなかった「あれ」の未来を知ることはできないのだから、

完全な意味では、後悔なんてできない。

 

逆に、選ぶ時点で両方の未来を知ることなど到底できないのだから、

「間違えない」人生もあり得ない。

 

そんな不確かな状況の中で選択する、その都度の私を。

その時点でしたいと思った選択をした、過去の自分を、

尊重してあげたい、と思う。

 

過去の自分を裁く権利など、今の私にはないのだ。

 

「選択しない」という選択をも含めて、選択なしには、人生は存在しない。

後悔しない人生も、後悔する人生もない。

間違えない人生も、間違った人生もない。

 

私はいつも選ぶことが怖くて、つい正解を探してしまうけれど。

もしあなたも、いつも正解を探しているなら。

 

けれど、正しい人生などきっとないのだから、

もっと身軽に選択できるといいな、と思う。

 

……というようなことを、以下のマンガを読んで思った。

 

orange : 1 (アクションコミックス)

orange : 1 (アクションコミックス)

 

 

 

どちらも過去にトラウマを抱え、後悔しとらわれ続ける男の子がでてくる。

意識しなかったけれど、こうやって並べてみると話が共通しているなあ。

 

orangeは、重くてファンタジックな設定を扱っているのに、

5巻でコンパクトにまとめていて好き。

表紙・背表紙が見た目よく、サイズが単行本に近いので、本棚に置いておきたくなる。

 

ぎゅっと手に握りしめたくなるセリフは、僕等がいた

 

広告を非表示にする